So-net無料ブログ作成

リボンレイ プルメリア [日記]

リボンレイでは「針と糸で作るもの」や「毛糸で作るもの」、
今まで紹介したように「手で編んで行くもの」などが色々ありますが、
今日のリボンレイは針と糸を使うもの。
レイの一番基本となる「プルメリア」と言うものです。

プルメリアはハワイを代表する花の1つ。
フラダンサーのレイに使われたり、ジュエリーのデザインに使われています。




2色の幅の違うリボンをひたすらマーキングする処から始まります。
リボンは幅の違うリボンを2種類用意。
幅広を白、幅狭を黄色とすると、↑の写真のような仕上がりになる(はず;^^)。
幅を変えるとできあがりの印象が違います。

リボンの幅によってマーキングの間隔が変わるので、注意です。
リボンレイの本などには専用のマーキングスケール、があるので
マークも簡単かな。

後はそれを縫って行くだけ。数針縫ったら糸を引っ張って行くと
くるくると丸まってお花のようになります。
これを「プッシング」と言います。均等に丸々ようにちょっと注意が必要。

あら可愛い♪
TS2A1926.JPG

リース風に作ることも可能です。
TS2A1945.JPG

色々な色・サイズで作ってみて下さい♪♪

リボンレイ ストローレイ [日記]

さて、今日のリボンレイは誰でも簡単にできるもの。

用意するもの:ストロー/ゴム/ヤーンと言う毛糸。

いずれも100円ショップで揃えられちゃいますね。
毛糸は好みがあるので、手芸屋さんで選んだ方が良いかも。
左:100円ショップ         右:ショップで購入したもの
ヤーン00.JPGヤーン.JPG
作業時間:10数分

ストローに芯になるゴムを通し、毛糸をストローに巻いていくだけ。
ホント、簡単でしょ?
↓は自分用に作ったもの。一番最初のお試しで作ってみました。
TS2A2224.JPG
結構良い感じでしょ?今の寒い時期には見た目暖かそうです♪

そして、↓は友人にプレゼント。
TS2A2189.JPG

今回は芯をゴムにしてますが、ワイヤーや紐・リボンなどを芯にすると
またイメージが変わります。クリスマスのリースなんかにも応用できます。